安田通歯科

歯周病から虫歯まで!安心・丁寧な口腔内治療

ご予約はこちら

歯周病から虫歯まで!安心・丁寧な口腔内治療

歯周病から虫歯まで!安心・丁寧な口腔内治療

2024/03/17

口腔内のトラブルは歯周病や虫歯など様々なものがありますが、心強いのが安心・丁寧な口腔内治療です。お口の健康状態が良くないと、食べ物も味わえず、笑顔も引けてしまいます。そんな悩みを抱えている方は、ぜひ当院へご相談ください。歯周病から虫歯まで根本的な治療を行い、美しい歯と健康な口腔内を取り戻しましょう。

目次

    口腔内治療とは?

    口腔内治療とは、歯医者によって行われる口内の治療方法です。口腔内治療には、虫歯治療や歯周病治療、根管治療などがあります。虫歯治療では、虫歯になった歯を削って、詰め物をすることで治療をします。歯周病治療では、歯ぐきからの出血や腫れなどを改善するために、歯垢の除去やスケーリングを行って、歯周ポケット内の細菌を除去します。根管治療では、歯の神経が死んでしまった場合に、歯の根の部分にある神経を取り除き、清掃してから詰め物をします。口腔内治療は、歯や歯周病を放っておくと重篤な症状を引き起こすため、早期治療が必要です。また、定期的な歯科検診を受けることで、症状を早期発見し、治療することができます。口腔内治療を受ける際には、自己管理が大切で、歯磨きなどの口内衛生を意識することが必要です。

    歯周病治療で口臭も解消!

    歯周病は進行すると、歯肉の退縮や歯槽骨の破壊を引き起こし、歯を失う原因になります。また、歯周病は口臭の原因にもなります。歯周病菌が歯周ポケットに繁殖することで、口腔内に強烈な臭いを放つ揮発性有機化合物が発生し、口臭の原因となるのです。歯周病治療で歯周病を改善することで、口臭も解消できます。歯周病治療には、まず歯周ポケット内の歯垢や歯石を取り除くクリーニングが必要です。そして、歯周病菌の増殖を抑える薬剤の使用や、咬合の調整などが行われます。歯周病が進行している場合は、手術的治療が必要になる場合もあります。口臭を解消するためには、歯磨きだけでなく歯間ブラシやデンタルフロスなどを使った正しい歯のお手入れが必要です。また、タバコを吸う習慣がある場合は、禁煙することも口臭対策に役立ちます。歯周病治療で口臭も解消できるので、気になる人は歯医者に相談してみましょう。

    虫歯治療の前に知っておきたいこと

    虫歯は、歯の表面にあるエナメル質を溶かし、その下にある象牙質を侵食する病気です。虫歯になる原因には、糖分を含んだ食べ物や飲み物の摂取、不適切な歯磨き、歯科医師での定期検診不足が挙げられます。 治療は、虫歯が進行している場合は神経を取り除いてから詰め物をするなどのまずい処置が必要となります。しかし、治療前に知っておきたいことがいくつかあります。 まず、虫歯は放置すると進行し、痛みや歯を失う原因になります。定期的な歯科医師での検診が重要であり、虫歯が見つかった場合は早期に治療するようにしましょう。 また、治療費用についても事前に確認しておくことが重要です。保険適用外の治療や治療の進行によっては、高額な費用がかかる場合もあります。治療の負担軽減を考えて、自身や家族の歯の健康状態を常にチェックしましょう。 虫歯は生活習慣病に近く、予防が最も重要な治療法です。適切な食生活や歯磨きによって予防し、定期的な歯科医師での検診を受けて、虫歯にならないように注意しましょう。

    安心して受けられる麻酔の種類と効果

    歯の治療や手術において、安心して受けられる麻酔は非常に重要な役割を担っています。麻酔を使用することで、治療や手術時の痛みを軽減させることが出来るだけでなく、患者さんが不快な思いをすることも回避できます。そこで、歯医者で用いられる麻酔についてご紹介いたします。 歯医者で一般的に用いられる麻酔は、局所麻酔です。局所麻酔は、注射器によって患部周辺に麻酔薬を注入することで、その部位だけを麻酔させる方法です。効果は速やかに現れるため、治療や手術がスムーズに進みます。また、効果が切れるときには、感覚が戻るまで待つだけで、その後痛みも消失します。 歯医者では、ジェルを使っての局所麻酔も行われています。この方法は注射器を使わないため、術後の腫れや痛みが少なく、優れたメリットがあります。ただし、麻酔液の効果が注射器よりも軽いことがあるため、病状や患者さんの痛みの程度によっては局所麻酔の種類を変更することがあります。 歯医者で用いられる麻酔は、筋肉麻酔、全身麻酔、総合麻酔など、さまざまな種類があります。患者さんの病状や痛みの程度に合わせて、専門医が適切な麻酔法を選択し、患者さんがより安心して治療を受けられるようにサポートしています。

    丁寧なケアで長持ちする入れ歯の作り方

    入れ歯は、見た目や口腔機能を取り戻すために必要なものですが、日々のケアが重要です。歯医者は、患者さん一人ひとりに合わせた入れ歯を作ることができます。そのため、適切なケアを行い、長期間使用することができます。 まず、入れ歯を使用する際は、口腔内の清掃を行うことが大切です。食後や就寝前には、歯ブラシでしっかりと磨きましょう。また、入れ歯そのものも歯ブラシで洗浄し、乾燥させることが必要です。洗浄には、専用の洗浄剤を使用することもできます。 入れ歯は、長期間使用していると歪みや変色が起こることがあります。そのため、定期的に歯医者で調整や修理を行うことが必要です。また、入れ歯には耐久年数がありますので、定期的に新しい入れ歯への交換が必要です。 以上のように、入れ歯を長持ちさせるためには、丁寧なケアが欠かせません。定期的な歯医者のチェックや、適切なケアを行い、入れ歯を快適に使用することができます。

    ----------------------------------------------------------------------
    安田通歯科
    住所 : 愛知県名古屋市昭和区安田通3丁目6-7
    電話番号 : 052-734-6755


    昭和区の定期検診で問題を予防

    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。